FAQ

よくある質問

皆さまからよくお問い合わせいただくご質問と、
その回答をご紹介しています。

FAQ

よくあるご質問

製品について

医学的エビデンスに基づき、アプリを通じて患者様の認知や行動の変容を支援するソフトウェアです。アプリという特性を活かし、これまで医療従事者が関わることの難しかった診察外の時間帯(院外、在宅・外出時など)においても治療介入することができます。
ニコチン依存症患者のニコチンへの心理的依存に対して、喫煙に関する正しい知識、認知を与え、行動変容を促すために、患者様が使用するスマートフォンアプリです。
詳細はこちらの動画(2:09)もご参照ください。 ※動画は医薬関係者(医師、看護師、薬剤師、歯科医師)のみにご提供しています。
フォームをご入力いただき、送信していただくことでご視聴いただけます。
Webブラウザ上で使用する診療支援のための医療従事者が使用するソフトウェアで、患者アプリを通じて得られるデータ(禁煙日記等)が表示されます。診察時以外にもその内容を確認することができるため、診療の効率化、負担軽減につながります。
詳細はこちらの動画(3:37)もご参照ください。 ※動画は医薬関係者(医師、看護師、薬剤師、歯科医師)のみにご提供しています。
フォームをご入力いただき、送信していただくことでご視聴いただけます。
内部に組み込まれた電気化学センサーにより、患者様の呼気ガス中の一酸化炭素濃度を測定するための携帯型の機器です。Bluetoothにより患者アプリと無線通信し、患者アプリ上に測定結果が記録され、また、クラウドを通じ医師アプリにも表示されます。
App Prescription Service(アプリ処方サービス)の略です。CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカーの処方コードの発行や当社から医療機関様への請求処理を行ったりするためのシステムです。
詳細はこちらの動画(3:37)もご参照ください。 ※動画は医薬関係者(医師、看護師、薬剤師、歯科医師)のみにご提供しています。
フォームをご入力いただき、送信していただくことでご視聴いただけます。

薬事承認、保険適用について

はい、取得しています。承認番号:30200BZX00271000、管理医療機器 禁煙治療補助システム(JMDN コード : 71087002)
はい、これまで国内で4つの臨床試験を実施し、有効性安全性に関する複数のエビデンスがあります。一部すでに論文化されておりますので、詳細はこちらをご参照ください。
はい、2020年12月1日から保険適用となっています。
ニコチン依存症管理料に加えて、本品処方時に技術料として2540点算定されます。

導入に関して

端末OS:Windows 10 / macOS 10.13, 10.14, 10.15
ブラウザ:Google Chrome
導入費用はかかりません。
契約、お支払い手続きが完了しましたら、御施設に初期セットアップ用のStarter Packageが発送されます。
そちらに同梱されるPCセットアップ用のパスワードを入力してAPS(App Prescription Service:アプリ処方サービス)、医師アプリのセットアップを行うのみです。

処方に関して

いいえ、そのようなことはありません。
実際に治験の結果において年代別(40歳未満、40歳-50歳未満、50歳-60歳未満、60歳以上)にサブグループ解析を行いましたところ、どの年代層においても、本品群が対照群に対して高い傾向がみられました。
患者様が患者アプリを登録しましたら、当社から患者様の登録住所宛に発送します。
そのため、医療機関様にCOチェッカーの在庫を持っていただく必要はありません。

その他

こちらのスライドをご参照ください。 ※こちらの資料は医薬関係者(医師、看護師、薬剤師、歯科医師)のみにご提供しています。
フォームをご入力いただき、送信していただくことでダウンロード可能です。

その他、ご不明な点などございましたら
お問い合わせください。

お問い合わせ
Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
macOSは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
Google ChromeはGoogle LLCの登録商標です。