日本初となるデジタル療法 医師が「処方」する治療アプリ

治験を含む複数の臨床試験を経て効果を確認し、医療機器として承認されました。治療アプリを処方することで従来の医薬品や医療機器では介入困難であった領域への治療が実現できます。

代表取締役社長 佐竹 晃太が語る CureApp SC プレゼンテーション ※1分程度の入力フォームにご記入いただくことでご視聴いただけます
動画のご視聴はこちら

CureApp SC(ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー)8月21日に薬事承認されました

正式販売は、年末から年明けを予定しております。
今しばらくお待ちください。

最新情報やセミナーなどのご案内をお求めの方は、
こちらにご登録ください。

なお、医療関係者(医師、看護師、医療機関にお勤めの方)に限った

情報提供となること、ご容赦ください。


承認番号:30200BZX00271000
管理医療機器 禁煙治療補助システム(JMDN コード:71087002)

CureApp SCは、ニコチン依存症の心理的依存にアプローチします。個別化されたメッセージや動画を通じて、考え方や行動を正しく変容することで正しい生活習慣に導き治療します。またポータブルCOチェッカーや医師アプリと連動し、禁煙治療をサポートします。

「行動変容」という治療アプローチで、未だ治療成績不良な
疾患への新たな治療効果を創出

新しい治療法

[ 治療アプリ ]

生活や行動からの
アプローチによる治療

従来の治療法

[ 医薬品 ]

薬理学的な
視野からの治療

[ 手術・処置 ]

解剖学的な
視野からの治療

CureApp SC による継続禁煙率

9-24週の継続禁煙率は、CureApp SCを使用した群では、63.9%(182/285例)
対照群50.5%(145/287例)であり、統計学的な有意差を示した 承認番号:30200BZX00271000
管理医療機器 禁煙治療補助システム(JMDN コード:71087002)

CureApp SC による継続禁煙率

1) Nomura A, et al. JMIR Res Protoc 2019;8(2):e12252
2) Masaki K, et al. npj Digital Medicine 3:35 (2020)
3) 社内資料:国内第III相比較試験

イベント・セミナーの講師ご紹介

CureApp SCの機能はもちろん、様々な疾患領域での
禁煙の必要性や、臨床現場で実践が難しい
禁煙治療に役立つCureApp SCの特徴をお伝えします。

株式会社CureApp 代表取締役社長

日本赤十字社医療センター 呼吸器内科

日本遠隔医療学会 デジタル療法分科会長

佐竹 晃太

慶應義塾大学医学部卒、日本赤十字社医療センターなどで臨床業務に従事し、呼吸器内科医として多くの患者様の診療に携わる。2012年より海外の大学院に留学し、中国・米国においてけるグローバルな視点で医療や経営を捉える経験を積む。米国大学院では公衆衛生学を専攻する傍ら、医療インフォマティクスの研究に従事する。帰国後、2014年に株式会社CureAppを創業。現在も週1回の診療を継続し、医療現場に立つ。

代表取締役社長 佐竹 晃太が語る CureApp SC プレゼンテーション ※1分程度の入力フォームにご記入いただくことでご視聴いただけます
動画のご視聴はこちら

この他のセミナーも公開しておりますのでぜひご覧ください

現在予定されているセミナーはこちらです

セミナー以外に関する
お問い合わせ

CONTACT